WEBデザイナーになるために最低限必要なスキル

WEBデザイナーになりたい!そのための勉強をしたいけど、コーディング??デザイン??プログラムも必要??」

このように、WEBデザイナーになるために勉強したいなと思いつつも、何から勉強すればいいのかわからずに勉強をスタートできないという方もいるのではないでしょうか??

そこで、WEBデザイナーになるには最低限何のスキルが必要なのかについて解説します。

WEBデザイナーになるために最低限必要なスキル コード編

HTML

WEBサイトを構築する上で欠かせない「HTML」。HyperText Markup Languageの略称で、そのまま「エイチティーエムエル」と呼びます。文章をコンピューターが理解できるようにマークアップします。
HTMLには複数のバージョンが存在しますが、現在使用されているのは主にHTML5です。今から学習するならHTML5を勉強すれば大丈夫です。

マークアップとは?

各文章がどのようなものなのか、どのような役割を持っているのかを示します。

例えば一般の文章は<p></p>で囲みマークアップします。
<p>はParagraphの略で、「段落」を意味しています。

CSS

Cascading Style Sheetsの略称で「シーエスエス」と呼びます。その名の通り、スタイルを表現するのに使用します。

HTMLだけでも文字の色やサイズを変えることは可能ですが、CSSを用いてスタイルに変化をつけることが主流です。

文字の色を変えるなどの簡単なスタイルの変更から、アニメーションなどの動きまで表現することができます。現在使用されているバージョンはCSS3ですのでこちらを勉強しましょう。

JavaScript

プログラミング言語の一つ、「ジャバスクリプト」と呼びます。略して、JS(ジェーエス)と記載、呼ばれることも。

プログラミング言語であるJavaScriptは様々なことが可能です。

例えば下記のようなものはJavaScriptを用いて作られていることが多いです。
・TOPページのスライダー
・コンタクトフォームの空白チェック
・入力した数字から計算して結果を表示

プログラミング言語なので極めるには時間がかかります。初心者WEBデザイナーとしては、まずはJavaScriptを使用するとどんなことができるのか知っておくのが大事です。更には最低限のカスタマイズに対応できたり、jQueryなどのライブラリを使用してよく使用する動きは再現できるようにしておくのが好ましいです。

WEBデザイナーになるために最低限必要なスキル デザイン編

デザインスキル

Webデザイナーと言う以上必要なのは「デザイン」スキル。

レイアウト・フォント・配色などの基本的な知識は書籍などを読んで抑えておきましょう。そして、デザインを作るためのソフトの操作方法が必須となってきます。

WEBデザイナーになるために最低限必要なスキル ソフト編

テキストエディタ

HTMLやCSSなどのコードを書く際に使用するソフトです。無料で優秀なものもたくさんあり、自分に合ったものを見つけて使用してみてください。

無料で使えるオススメのテキストエディタ
・Visual Studio Code
・Sublime Text
・Atom

有料で使えるオススメのテキストエディタ
・Dreamweaver

画像ソフト

・Photoshop
・Illustrator

現在WEBデザインでメインで使用されているのはPhotoshopです。
Illustratorで作成するデザイナーもいますが、Photoshopだとコーディングの際の画像の書き出しが簡単なのでまずはPhotoshopから勉強するのがおすすめです。

ファイル転送ソフト

作成したサイトをWEBサーバ上にアップロードするためのソフトです。
htmlや画像ファイルをアップすることで、サイトを公開することができます。

・Cyberduck(win/mac)
・FileZilla(win/mac)
・FFFTP(win)
・WinSCP(win)

など無料で使えるものが公開されています。

WEBデザイナーになるために最低限必要なスキル まとめ

以上、WEBデザイナーになるために最低限必要なスキルをご紹介しました。こちらのスキルを学習することで、サイトのデザインからコーディング、そしてサイトをサーバにアップして公開する一連の流れを行うことができます。

WEBデザイナーとして就職したい方は、応募前にこの最低限のスキルを抑えて挑む事をお勧めします。