WEBデザイナーに!有利な資格はある?

就職などに有利とされる「資格」

WEBデザイナーに関する資格もいくつかありますが、気になるのは取ることでフリーランスで仕事が取りやすくなるのか?就職に有利に働くか?と言うところではないでしょうか。

WEBデザイナーとして就職するのに有利な資格はあるの?

結論から言うとWEBデザイナーになるために資格が有利に働くことは少ないと考えています。

その理由などをまとめました。

WEBデザイナーに有利な資格はある?

冒頭に書いたとおり、WEBデザイナーの就職・転職に関して有利になる資格というのは基本的には無いと思っています。

WEBデザイナーの採用にあたって重視する点は、実力・人柄・継続して働いてくれるかだからです。

実際に働いている人にとっては、WEBデザイン関連の資格は話題にも登らないような存在です。むしろ資格によっては内容が古かったり実務に寄ってなかったりするので・・・資格ビジネス・・・w的な存在です。

資格を取る時間があるなら、サイトを実際に作った方が勉強になるのでオススメ!

WEBデザイナーに有利な資格が無い理由1採用試験の際に考慮されない

資格を取得しようと言いう大きな理由は「就職のため」だと思います。

その就職のための採用面接ではWEBデザイン関係の資格があるかないかを重視する制作会社はありません。資格を持っているかいないかよりも、現在どれくらいの技量があるのか、人柄、労働条件等を重視します。

ですがこれは制作会社など技術レベルの高い会社の場合です。

資格が有利に働く可能性については後述します。

イケてる制作会社に就職したい!と言う方は資格はあってもなくても特に関係ありません。

WEBデザイナーに有利な資格が無い理由2試験内容が実務に沿っていない

WEBデザイナーが取得して有利な資格がないなと思う理由のもう1つが、取得しても「実務に役に立たない」と言うところです。

全ての資格をチェックしたわけではありませんが、試験内容を見てみると、現在では使われていないバージョンのコードについての項目があったり、WEBサイトの歴史など特に実務には必要ない項目があったり・・・

WEBサイトの歴史を知らなくていいと言うわけではありませんが、勉強するなら過去のことよりも最新の技術を!と思いませんか?

WEBデザイン関係の資格を取って有利な場合

若干バカにしてしまいましたが、WEBデザインに関して資格を持っていて就職に優位に働くと考えられる場合はあります。

実務では役に立つとはいえないWEBデザイン関係の資格ですが、持っていることで優位に働くこともあります。

それはクライアントや、採用担当がWEBデザイン周りの知識が乏しい場合です。

就職で資格があって有利なケース

就職転職においても「採用担当がWEBデザインに詳しく無い場合」には有利に働きます。

「採用担当がWEBデザインに詳しく無い場合」
なんてあるの?
私が働いてきた制作会社は採用面接の際は、社長や採用担当が制作面に詳しくない会社もありました。その場合、必ずWEBデザインに詳しいものが立会い技術面のヒアリングを行なっていました。他の会社でも同じだと思います。
ですが、インハウスデザイナーや企業の中でのWEB担当として就業する場合は、担当者が1人だったり、WEBデザインに詳しい人が不在と言う場合もあります。その場合、WEBデザインに詳しく無い人事や役職の方により採用するか判断されることになります。
面談を通して、自分のスキルを話しても相手にとってはチンプンカンプンだったりします。そんな時「資格持ってます!」と言うと、わかりやすくWEBデザインできるんだな!と言う印象を与えることができます。

フリーランスで資格があって有利なケース

フリーランスなど、自分で仕事をしていきたいと言う場合も、資格が有利なケースがあります。

フリーランスなどで、WEBを受注する際、クライアントは大きく分けて2種類になります。

1自社のサイトを作りたいクライアント

2人手が足りていないWEB制作会社

1の「自社のサイトを作りたいクライアント」の場合は、WEB関係の知識があまりない方も多く、外注しようにもどこに外注すればいいのか、判断しずらいと言う問題があります。

クライアントが重視するのは料金だったり、デザインの好みだったりもありますが、それ以前に「信頼できるのか」と言うものもあります。

特にフリーランスの場合はなかなか信用が得ずらいので、自分のホームページに「所有資格」を書くことでクライアントからの信頼ポイントのUPが期待できます。

WEBデザイン関係の資格

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関である特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会 が実施するウェブデザインに関する学科及び実技試験 に合格した者をいう。

WEBに関する知識である筆記テストと実技からなる検定試験です。国家資格というところが魅力的ですね。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、日本の民間資格試験。サーティファイWeb利用・技術認定委員会が主催、認定している。

民間の資格ですが、htmlやCSSの理解度を測ることができるので、自分の質力がどれくらいか知りたいという時には受講してみてもいいかもしれません。

未経験でWEBデザイナーに!有利な資格はある?

未経験でWEBデザイナーに!有利な資格はあるのかについてご紹介しました。

基本的には「無い」といえますが、企業やインハウスデザイナーやWEB担当などを目指す場合は有利に働く場合もあると思います。

自分の就職したい形態によっては取得の検討を考えてもいいかも知れません。

いくつかあるWEBデザイン関連の資格。もし自分が取るとしたら、「webデザイン技能検定」ですね。なんか、国家資格なんで・・・印象良さそうですよね!