WEBデザインスクール選びに重要なのは1点だけ!&こんなスクールは通うな!

数あるWEBデザインスクールがある中でどのスクールに通えばいいのか?
これは大きな問題ですよね。

WEBデザインのスクールの選び方のポイント、逆にこんなスクールなら通わないほうがいいというポイントをまとめました。

WEBデザインのスクールの選び方 ポイントはこの一点!

WEBデザインスクールを選ぶときに一番重視したいのは

・通いやすさ

です。

スクールの場所と開催時間が自分に合っているかが何よりも重要です。

WEBデザインの基礎を学なら、スクールのカリキュラムは基本的にはどこのスクールも同じ。
多少の差なら、自分のライフワークにあった時間と場所であるほうが、途中で挫折せずに通うことができる気がしませんか?

どんな学習も継続することが大切です。

せっかくスクールに通い始めたけれども、「なかなか時間が合わない」「遠くて通うのが面倒くさくなってしまった」などの理由で通わなくなってしまうのが一番もったいなく、お金も時間も無駄にしてしまいます。

遠いけど、向こうの学校のほうがおしゃれだから、3万円安いから・・・などの理由で迷っているなら確実に近い方を選んだほうがいいでしょう。
通学時間は少ないほうが、勉強に当てられる時間も多く取れます。

WEBデザインのスクールの選び方 こんなWEBデザインスクールは通うな!

上記では、WEBデザインスクールの選び方は「とにかく通いやすさ!」とオススメしましたが、どんなに近くて時間帯も理想的でもこのWEBスクールは流石に通わないほうが・・・というポイントをお教えします。こちらもスクール選びの参考にしてみてください!

Adobe製品のソフトのバージョンが古い

WEB制作に欠かせないソフト、AdobeのPhotoshopやIllustrator、最近ではフリーのテキストエディタを使うところが多いですがDreamweaverも捨てたもんじゃあありません。
そんなAdobe製品にもバージョンが有り、制作現場や技術の変化に合わせてソフトの内容も変化&進化(たまに退化)しています。
そのバージョンが古いと、若干操作方法が違ったり、現在現場では使われている機能が未実装という残念な事態に。

Adobe製品は2012年ころからサブスクリプション方式のCreativeCloudの販売に切り替えております。
そのため、基本的には使用されているソフトのバージョンはphotoshopCC20〇〇になります。
ですがそれ以前のパッケージ販売されていた頃のものですとphotoshopCS○のように、「CS」がついています。
「CS」シリーズですと流石に古すぎるので、まだこのシリーズを使用しているようでしたら別のスクールを検討しましょう。

カリキュラムが古い

WEB業界は日々進化しています。
そんな中、カリキュラムが昔のまま変わっていないようなWEBデザインスクールがあれば、通うのはおすすめできません。

学習内容にFlashが含まれている

現在ではみることの無くなったFlash。ですが2012年頃まではWEBデザインの学習内容として組み込まれていたことも多かったのです。現在では使用することはほぼ0。学習内容に含まれているようでしたらそのコースは受講しないほうがいいでしょう。

スマホ対応やレスポンシブデザインを教えてくれない

2011年ころからスマホが急激に普及したことで、WEBデザインはスマホへの対応をする必要に迫られました。現在のWEBデザインスクールでは、スマホ対応やレスポンシブデザインの学習が組み込まれているのが当然ですが、もし見当たらなければ確認しておきましょう。

WEBデザインスクール選び方 まとめ

WEBデザインスクールを選ぶときに重視したいのは結局は「通いやすさ」です。
しかし中には進化のないまま運営されているスクールもあるので、そこだけはご注意を!