WEBデザイナーになるには?未経験からの3ステップ!

WEBデザイナーという仕事に興味を持ち、WEBデザイナーになるにはどうすればいいんだろう?

そんな方のために、WEBデザイナーになるまでのステップをご紹介します。

WEBデザイナーになるには? step1WEBデザイナーの仕事を知る

WEBデザイナーになりたい!と考えているならば、まずはWEBデザイナーの仕事の内容や、働き方の形態を知りましょう。

WEBデザイナーの仕事を知る事で、どのような学習をすればいいのか、どのくらいの技術があれば目指せるのかが見えていきます。

WEBデザイナーになりたい!
けど具体的にはどんな仕事をしているんだろう?

WEBデザイナーとは?

WEBデザイナーの仕事は、「WEBサイトを作る」というお仕事です。

その仕事内容は大きく

・デザイン

・コーディング

に分かれています。

製作会社などでは、デザインを専門に行う「デザイナー」とコーディング部分を担う「コーダー(フロントエンドエンジニア)」に分かれて行なっているところも多くあります。

そこで気になるのは、

デザイナーになりたいなら、デザインの勉強だけでもいいの?

というところ。

グラフィックデザイナーなどの別のデザイン職から、WEBデザイナーに転職したデザイナーさんはコーディングができない方も多くいます。

ですが、「WEBデザイナー」を目指す以上、コーディングを行う事を前提としたデザインや、どういう技術があるのかなど知ってお必要があります。

デザイナーとしてのキャリアがあるのなら、コーディングの勉強なしでの転職は可能ですが、そうでないならコーディングの勉強も必要です。

では逆に

コーダーを目指すからデザインの勉強はいらないの?

こちらも、コーダーを目指すのであってもデザインの勉強は必要です。明確に言えばデザインの勉強というよりも、ソフトの使い方が必須です。

デザイナーから来た画像ファイルを、コーディング用に処理する必要があるためです。

そのほかにも、デザイナーを挟まず修正などが来ることもあり、空白や文字サイズの調整などそれなりにデザインの感覚がある方が重宝されます。

WEBデザイナーになるには? step2WEBデザインの勉強をする

未経験でWEBデザイナーになりたいなら、どこまで勉強すればいいのでしょうか?

それは、どのようなWEBデザイナーになりたいかや、正社員として働きたいのか、フリーランスなのかにもよってきます。

未経験で転職したい!と考えているなら、こちらの記事に書かれてあるスキルがあると就職試験に通りやすいと思います。

会社によっては、なんの知識がなくても採用してくれる会社もあるかもしれませんが、知識0でWEBデザイナーに転職できた人は見た事がありません。事前の勉強は必須だと思ってください。

ちなみに新卒だけは別です。新卒で目指している場合は、勉強しなくても採用される可能性は高いです。

WEBデザイナーになるには? step3転職活動をする

WEBデザイナーとして働くための最終ステップ「転職活動」です。

WEBデザイナーの就職では会社によりますが、

・面接

・作品(ポートフォリオ)

・適性テスト(無い事も多い)

が合否を左右します。

作品(ポートフォリオ)を事前に準備

WEBデザイナーへの就職試験に必要な「ポートフォリオ(作品)」はどのように用意すればいいのでしょうか。

ポートフォリオを用意する上で「紙」のものと「WEBサイト」のものがあります。

実はWEBデザイナーの場合、紙のポートフォリオを重視している会社は少ないように感じます。

面接に紙のポートフォリオを持っていく事もありましたが、事前に送る、WEBのポートフォリオを見ていただいているので、あまり必要とされませんでした。

作成する時間が無いのなら、紙のポートフォリオはなしでも大丈夫です。

WEBのポートフォリオでも、未経験だと載せるものが無くて困ってしまうかもしれません。

2•3個テストサイトと、そのサイトのコンセプトなど載せる程度でも大丈夫です。コーダーならちゃんとコーディングできているサイトがあれば一個でも大丈夫です。(むしろ採用担当の方も何個もじっくり見る時間はなかったりします・・・)

どんなものを作ればいいのか不安な方は、とりあえずエージェントや派遣会社に登録してしまうのがオススメです。ポートフォリオの作り方や、会社によってはフォーマットを提供してくれたりしますので、自分で悩むよりも採用担当の方に刺さるものが作れます。